「2016年07月」の記事

Vラインの脱毛は安いだけで選んじゃダメ

2016年7月5日 / 脱毛が安いサロン

Vライン脱毛が安いサロン

Vラインの脱毛の料金が安いサロンについては、多くの若い女性にとって、興味深い存在として扱われることがあります。

特に、ムダ毛の処理の方法を理解するためには、ある程度の知識や経験が必要となりますが、早期にカタログや公式サイトなどを参考にすることで、人気のサロンの特徴を把握することが可能です。
大手のサロンのほとんどは、Vラインの脱毛の施術が続々と導入されており、いざという時に備えて、定期的に安全性や即効性などをきちんとチェックすることがおすすめです。

また、Vラインのムダ毛の量や濃さについては、一般の女性にとって、大きな悩みの種としてみなされることがありますが、常日ごろから美容対策を立てることがポイントといえます。
その他、Vラインの脱毛の成功率に関しては、それぞれの医療機関の設備の充実度によって、大きな差が出ることがあるため、いざという時に備えて、色々な立場の人の体験談に目を向けることが有効です。

Vライン脱毛はサロンでやると何回で終わる?

エステティックサロン(以後「サロン」とします)で行なわれるVライン脱毛は、光方式です。医療系美容クリニックではレーザーが用いられ、より効果が高いのですが、レーザーは医療施設でないと用いることができないという認可制ですので、サロンでは光方式を用いることになります。

Vライン脱毛を検討する場合、ポイントは期間・費用・痛みなどの比較になるはずです。

どれだけの期間がかかるか、は施術回数が何回必要かによって決まります。施術ごとに2〜3か月挟んで行なわれるため、いずれも長期間にわたるメニューとなります。回数は個人差によって大きく左右され、少ない人の場合は8回ほど、多い人は18回ほどになります。

ちなみに費用に関しては、施術1回の単価に回数が乗ぜられますので、メニュー設定を確認し、複数回数をセットにして申し込むと割引が得られるというメリットが生かせるかどうかを確認するのが良いでしょう。その辺りは事前の無料カウンセリングで詳しい説明が受けられますので、どこのサロンを選ぶか、の段階から利用しておくのがお勧めです。

Vライン脱毛は医療レーザーの方が効果が早い

医療クリニックにおけるVライン脱毛は、レーザー方式で行なわれます。一方エステティックサロンでは光方式で行なわれます。技術的には前者の方が効果が強く、後者はマイルドであるといわれます。ただしサービスが完了した段階では、両者には特に差異はみられないと考えられます。

レーザー方式によるVライン脱毛は、サービスが完了するまでに6〜12回ほどの回数が必要となります。施術ごとに間に2〜3か月挟まないといけませんので、長期にわたるメニューとなります。ただし光方式を選択した場合は8〜18回ほどの施術回数が必要だと考えられますので、所要期間を比較するのであればレーザー方式に分があります。費用は1回当りの単価設定になりますが、両者にはそれほどの差はないため、費用の点でもレーザーに分があるといえるでしょう。

問題はレーザー方式の方が痛みが強い、という点です。Vラインであればさほど問題視するほどのものではないのですが、粘膜質の部位を含むIライン・Oラインではデリケートな部位のため、辛い痛みになる可能性があります。ただしレーザーは医療機関にだけ認可された技術であり、つまり病院で行なわれる施術であるため、不測の事態が発生してもきちんとケアしてもらえる点で安心だと考えられます。

また、サロンと医療レーザーで掛け持ちをしようと思っている人もいるかもしれませんが、同じパーツを掛け持ちしても効果は出ません。
参考記事⇒脱毛キャンペーンはしごの注意点

Vライン脱毛が安いクリニック

Vライン脱毛の施術が用意されているクリニックは、ここ数年のうちに急増しており、人気の高いコースの特徴を早いうちからチェックすることがおすすめです。

とりわけ、デリケートゾーンのムダ毛を効率よく処理したい場合には、定評のあるクリニックのサポートの内容を理解することが良いでしょう。

また、Vラインのムダ毛の状態については、個人差が大きく係わってくるため、信頼のおける美容外科の医師に相談を持ち掛けることで、何時でも安心して通院をすることが可能となります。
大手のクリニックにおいては、Vラインの脱毛に関するカウンセリングの機会が用意されており、具体的な施術の進め方を把握することができます。

その他、Vラインの脱毛の費用の相場は、各地のクリニックの実状によって、大きな違いがありますが、パンフレットやチラシを利用しながら、安い価格の施術の良しあしをチェックすることで、将来的な様々なトラブルを回避することが出来るといわれています。

医療レーザーでVライン脱毛、痛みは我慢できる?

エステティクサロンでは一般的に、光方式のVライン脱毛が行なわれます。一方医療系美容クリニックではレーザー方式で行なわれます。レーザー方式は今のところ認可制で医療機関においてのみ使用が許されているため、医療系美容クリニックでしか施術を受けることができません。

それではVライン脱毛において、光方式とレーザー方式の違いはどうなっているのでしょうか。光方式を用いると、サービスが完了するまでに8〜18回ほどの施術が必要になります。レーザー方式ではそれより1〜2割がた少ない回数で完了するので、投資額への見返りとしてはレーザーに部があります。

その他の違いとしては、施術時の痛みの問題があります。両者を比較した場合は、レーザー方式の方が痛みが強く感じられます。毛穴の黒い部分を狙ってレーザーを照射するさい、1ショットごとに輪ゴムでぱちんと弾くような痛みがあります。とはいえVラインにおいては当該部の皮膚がしっかりしているので、多少痛くても後に残るような痛みではない点、両者の差は少ないといえるでしょう。しかしIラインやVラインでは内側に行くほど皮膚が粘膜質になるので痛みの度合いは更に強くなります。

医療クリニックのメリットは、そこが医療機関つまり病院であるという点です。痛みその他に由来する処置が万が一必要になったとしても安心です。医療レーザーを選択するのはその点でもメリットがあります。

最近のコメント

    カテゴリー

    TOPへ戻る